藪茗荷

樹木の間の明るくなりし藪茗荷



樹木の間の明るくなりし藪茗荷

公園の池の水涸れ藪みようが



いつに行ったかしら
以前は知らぬ人でも挨拶交す事日常でした。
今では挨拶忘れたような日々になりました。
老いて寂しくなります。
ここは帽子もいらぬ散歩道
でもマスクはしています。


やぶがらし(貧乏かづら)

        
やぶがらし咲くよ海辺の留守の家


やぶがらし咲くよ海辺の留守の家


やぶがらし自由気ままに咲きにけり



仲良しさんが芝刈りをしてくれています。
やぶがらしが樹木をはびこれる

主人の回復で今年は計画を立てましたが、
コロナで
東京から千葉に移動はどんなものでしょうか



夏の空

光る雲弾けてほしき夏の空


光る雲弾けてほしき夏の空


梅雨空が弾けてコロナが消える事祈ります。
今年に入りコロナで始まり7月なりました。
自分になったらどうしょうと出かけずに
家で過ごす事と決め料理を研究しています。
プロフィール

ギャラリー
  • 藪茗荷
  • やぶがらし(貧乏かづら)
  • 夏の空
  • どくだみ
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 小判草
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: